So-net無料ブログ作成

みぞれ雪の浜大津(1) [京阪電車 本線・大津線]

先月末に行きました浜大津での撮り鉄の様子をおおくりします。


当日は午後から研修があり、それまでの撮り鉄となりました。

まずは、JR山科駅を下車、駅向かいの京阪京津線・京阪山科駅へ。
DSC_1554.JPG
(本日の写真は、クリックしていただくと、拡大して表示されます)


京阪の駅には、鉄道むすめ「石山ともか」が!
DSC_1555.JPG
なんとなく、京都に近いからでしょうか?
おしとやかな、キャラクターですね。

「石山ともか」の説明は、トミーテックのホームページへ
http://tetsudou-musume.net/contents/chara/chara.php?cid=PU01


駅員さんから、「湖都古都・おおつ1Dayきっぷ」(500円)を購入。
DSC_1559.JPG
こちらで、まわります。


京阪らしい、構内を渡る踏切。
DSC_1560.JPG

これから乗る京阪京津線の車両は、800系。

地下鉄(自動運転のATO機能付き)、登山電車、路面電車の要素をもった車両で、
1メートルあたりのコストが、新幹線を超える日本一高価な電車のようです。
(路面区間でぶつけたら、タイヘンそう・・・)
DSC_1561.JPG
向かい側に停車中の車両ですが、ホーム上にも「石山ともか」がいますね。

それでは、来た列車に乗って、運転席の真後ろで、かぶり付きです!
DSC_1569.JPG
女性の運転手さんでした。

最初の駅は、四宮駅。
車庫が併設されていますが、車両は全てでかけていました。

いよいよ、逢阪山を越える登山電車区間です。
いきなり、すごいカーブもありますね。
DSC_1573.JPG

追分駅手前の様子。
DSC_1582.JPG
今から越えていく山並みが迫ってきています。

高速道路、京阪、国道1号線と、限られたところを通っているため、峠は狭い感じです。
DSC_1590.JPG
架線柱が独特ですね。

大谷駅にて、目の前にすごいカーブが見えています。
DSC_1597.JPG

DSC_1606.JPG
カーブがきつすぎて、車輪の摩擦対策のために、水がまかれています。

通り抜けるトンネルもおしゃれ。
DSC_1608.JPG

路面電車顔負けの、制限速度20km/hのカーブ。
DSC_1610.JPG
元々は、路面電車が通っていたのでしたね。

カーブの連続で、列車もそろりそろりと走ります。
DSC_1622.JPG

DSC_1625.JPG

DSC_1626.JPG


このあたりは、峠を越えたあたり。
DSC_1628.JPG

JRの今も使われているトンネル開口部のレンガ造り。
DSC_1630.JPG
こういうところも、ゆっくり見てみたいですね。


列車は、上栄町駅を通り過ぎ、大津の街へ。
DSC_1635.JPG
この先は、路面電車区間、併用軌道ですので、緊張感が伝わってきます。

DSC_1644.JPG

DSC_1645.JPG

いつも訪問する嵐電(京福電鉄)と違い、4両編成の大きな車両ですから、
何かあっても急には止まれそうにありませんね。


この列車の終点、浜大津駅へ。
DSC_1649.JPG

ここで下車をして、撮り鉄を楽しみます。
DSC_1654.JPG
(乗車した列車:京阪京津線・800系806号車)

(2015.1.31)



☆サブ・ブログ「嵐電でお散歩」もお楽しみください
サブブログ.jpg







京阪電気鉄道完全データDVD BOOK (メディアックスMOOK)

京阪電気鉄道完全データDVD BOOK (メディアックスMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メディアックス
  • 発売日: 2013/08/28
  • メディア: 大型本



nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 32

コメント 0